--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-03-14(Sat)

テイルズオブゼスティリア

[紹介]
ブランド「バンダイナムコスタジオ-バンダイナムコゲームス」発、情熱が世界を照らすRPG。
災厄の蔓延る世界で、人々は伝説として語られる、天族と人を結ぶ「導師」の存在を望んでいた。
天族に育てられた主人公スレイは、幼馴染のミクリオと遺跡探検中、倒れてる少女と出会うが・・・。
シリーズ20周年記念作品で、PS3専用ゲームとアニメーションのハイブリットディスクです。

[特徴的なシステム]
・FusionicChain-LMBS … シームレスに戦闘に移行し、神依や秘奥義などを繰り出す戦闘システム総称。
・同行キャラクター … 追従するように人間キャラが同行する。次に何をするか確認することができる。
・加護天族、ノルミン … 地域に加護を与え特典をくれる天族と、各地にちらばる武器強化に使えるノルミン族。

[良いところ]
フィールドが広大で綺麗。町や遺跡なども作りこまれており、眺めるだけでも楽しめる。
従来シリーズでお馴染みの仲間とのチャットシステムも健在で、様々な場面で仲間との会話が発生する。
災厄の時代という暗い設定の中で、コメディ会話も多く、楽しみながら冒険できる。

[悪いところ]
スレイの冒険の切っ掛けでもあるメインヒロインと思われた少女が序盤で離脱する。
それを擁護するかのように仲間キャラたちもその少女を下げる発言が目立ち、別ヒロインを持ち上げる。
DLCにてその少女の衣装も販売しており、様々な物議が醸されている。

[個人的見解]
ヒロイン問題に関しては、普通にメンバー入れ替えでアリーシャも冒険についてこさせても、
問題なかったように思えるが、技術的(開発期限的)に無理だったのかなとも思う。
後、武具の融合システムが微妙で、頑張って育てようという気が起きなかった。
また、フィールドは綺麗だが、ダンジョンは似たものも多く、敵とも散々バトルさせられるので少々だれる。

[キャラ別一口個人的見解]

★スレイ(CV:木村良平)
主人公。導師として穢れを正す道を選ぶ。素直で探検心溢れるが、重大な場面でも考え込む優柔不断な面も。

★アリーシャ・ディフダ(CV:茅野愛衣)
ゲストキャラ。スレイが始めて会った人間で、彼女の身を案じて旅に出る。生真面目で人々を思いやる姫騎士。

★ミクリオ(CV:逢坂良太)
スレイの幼馴染で天族。クールで知的な青年だが、仲間からいじられる役。

★ライラ(CV:松来未祐)
「湖の乙女」として聖剣に祭られた天族。普段は真面目でしとやかだが、「うまいことを言う」事に情熱をかける。

★エドナ(CV:福圓美里)
常にカサを持ち歩く地属性の天族。クールで有りながら怠惰かつサディスト。ノルミンが嫌いなようで好きっぽい。

★ロゼ(CV:小松未可子)
遅く登場する正ヒロイン。暗殺ギルドの頭領であり、直感で行動し、興味ないことにはとことん無関心。

★デゼル(CV:小野大輔)
帽子を深く被り復讐のために同行する天族。口は悪いが根は優しい。妙に昆虫に詳しい。帽子取るとイケメン。

★ザビーダ(CV:津田健次郎)
柄の悪そうな上半身裸の筋肉天族。女好きでいい加減だが面倒見は良い。

[まとめ]
難易度最弱でも敵が固く、場合によっては全滅もよくあるので初心者には向かない。
武具成長システムがやや複雑なのも初心者に向かない要因である。
テイルズシリーズファンは、たまには違ったテイルズも良いかなという人にお勧め。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

たいき

Author:たいき
ゲームが大好き。作るのも大好き。本当はライターがメインだけど、絵を描く知り合いがいないため、自分で描いている。

このブログについて
コンテンツ
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
★素材系★

★創作系★
★サーチエンジン系★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。